AppleWatchSEをおすすめするこれだけの理由。ちょっと不便もありwww

スポンサーリンク
レビュー
スポンサーリンク

元々は時計なんて興味が無い派でした。ですので時間はiPhoneで確認すればよくって、腕時計は窮屈に感じていました。ですが昨今のスマートウォッチの賑わいを肌で感じ、身近な人がどんどんApple Watchをつけ始めるのを見ると、自分もなんだか欲しくなっちゃいましたwww

それでとうとう夫婦でApple Watch SEをお揃いで身につけることにしたのです。

スポンサーリンク

もともとは携帯電話に出ない人

わたしは携帯電話にかけても電話に出ない人として友人からは嫌味を言われていました。電話に出るのが億劫なのではなく、単純に着信に気付かないだけなんですけど……

しかしこれでは友人に申し訳ないし、大事な電話がかかってきた時に大変なことになるなぁ、とはうすうす思っていました。でもだからと言って何か対策を講じてきたわけではありませんでした。

それでこの悪癖はやっぱり直そうと心に決めたのですが、自分の意志だけではどうにもならない、それがApple Watch購入を決めた主な理由でした。

またコロナ渦で本格的に自転車通勤を始めたこともきっかけでした。せっかく朝と夕方に30分以上の運動するのだからきちんと記録を取りたい、これもApple Watch購入を大きく後押ししました。

さらにわたしも妻もiPhoneユーザーであったこと、価格も最安値のモデルが3万円を切っていたことも大きな要因です。

これは便利、と感じた点

電話やLINEの通知機能

わたしがApple Watch SEを買った主な理由は電話への着信時にすぐに気づけるようにするためでした。Apple WatchはiPhoneとBluetoothでペアリングされているので、iPhoneがスリープ状態の時にはいつでも身につけているApple Watchが振動で着信を教えてくれます。

またLINEも同様に通知し、さらには内容を表示してくれます。またiPhoneに持ち替えなくても「OK」や「今どこ?」など簡単な内容ならメッセージを送ってくれるので、忙しい時に重宝しています。

自転車通勤や睡眠などアクティビティの記録

せっかく毎日の通勤に自転車を使っていい汗をかいているので、日々の活動量などを記録した思いました。ついでに毎日の睡眠もロギングすることによって質を向上させたいと思いました。

Apple Watchにプリインストールされているアプリでもいいのですが、無料(App内課金あり)のアプリを使ってもっと専門的に集計ができないかと思い、それぞれのアプリをiPhoneとApple Watchにインストールし活用しています。

まだデータを特に活用出来ているわけではないですが、毎日の通勤や睡眠の履歴を見るのが楽しくなりました。これもApple Watch SEを買ってよかったと思う部分です。

使い勝手が悪いと感じた点

これだけ便利なApple Watch SEですが、不便だなぁ、と感じる部分もありましたので、わたしなりの感想を紹介します。

と言っても不便だなと思ったのは1点のみですが、それは誤操作しやすいという点です。

Apple Watchは全般的に画面が正方形です。それで丸型の時計表示にしているとその四隅のスペースを活用するために様々な機能を追加し、カスタマイズする機能があります。これをコンプリケーションと言います。それ自体はとても便利なのですが、ここにストップウォッチやアクティビティを記録する機能をセットしていると、気付かないうちにそれが動作してしまうことが何度かありました。例えば意図せずストップウォッチがすたーとしてしまっていた、と言う具合です。

それ自体は気がついた時に停止すればいいのですが、そうしている間はやっぱりバッテリーを消費します。ただでさえ毎日充電しないとちょっと不安な容量なので、出来るだけ無駄なバッテリーは消費したくないのに、自分が気付かないうちにバッテリーを消費させてしまったと思うとガッカリしてしまいます。

そういうバッテリーの無駄遣いが嫌な方は気温や天気など、インジケーター系のコンプリケーションのみをセットするとよいかも知れません。

いずれにしてもApple Watch SEは期待以上の効果がありました。スマートウォッチをご検討中でiPhoneユーザーの方はショッピングリストの上位に乗せることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました